気腫性 慢性気管支炎

スポンサード・リンク

慢性気管支炎の気腫性変化

慢性気管支炎と肺気腫というのは異なる病気ではあるのですが、どちらも併発したり、関係性の深いものと言われたりします。これらの病気は慢性閉塞性肺疾患というCOPD称される疾患とされています。こういった症状は喫煙者によく見られ、患者の9割方は喫煙者という統計が出ております。喫煙者でなくても受動喫煙者や間接喫煙となる環境におかれている人はそういった症状を訴える人が増えています。たばこを吸う人は知らぬうちに肺の機能低下に陥る傾向にあります。咳を頻繁にすることや痰が絡んで呼吸が苦しくもなってきます。そういった症状になっていることを自分自身や家族の誰かが気づいたのであれば、お医者さんにかかることや喫煙を止めさせてあげてください。喫煙を長年続けていた人に即禁煙というのは難しいとは思いますが、最近では禁煙外来という治療法もあります。家族が嘆いているほどに本人は意外と軽んじている事が多いのですが、悪化すると最悪、呼吸困難などで命を落とす場合がありますので、本気で家族を交えて治療に取り組みましょう。

 

慢性気管支炎でも気腫性変化というものがあることをご存知でしょうか。気腫性変化というのは肺にかかる病気で何らかの要因で破損して、空気の調整が効かなくなってしまう機能低下です。そうなると、肺が膨張して膨らみが通常以上になってしまうことです。こういった通常以上に膨らみが生じてしまうと呼吸もアンバランスな状態に陥ってしまいますので、かなり大変な事となってしまいます。それに肺に穴が開いてしまうと胸の中で空気が漏れることとなってしまい、息切れや痛みに襲われたりします。そうなると気胸という気腫性変化と言われる状況となります。ひどくなると酸素ボンベなどの呼吸補助機器が無いといけない場合もあって、しっかりとした健康管理の維持をしないといけません。胸が苦しくなったり、慢性気管支炎などから発見される状況としては深刻な場合があります。人間ドックなどの中高年の層になってからの受診で見つかる場合にはヘビースモーカーなどの重度な喫煙者に偏ることが統計的にも多いようです。出来る限り、若年層でも定期健診による胸部レントゲンやCTスキャンなどの検査を受けて、軽度な状況からの発見が望ましいです。特に喫煙者という偏りが大きいとしても、周辺環境や生活環境によっても影響を受けることがあります。タバコ病と言われるものであっても、喫煙者でない人でも定期健診が大事です。

スポンサード・リンク